住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【土地篇】売買契約と登記(上)

「これなら!」と思える用地を見つけたら、いよいよ契約を結んで土地の購入を行います。土地売買には多くの法律や制度が関係し、売買契約もそれらに基づき厳密に行わなければなりません。専門家の力を借りながら、確実に進めていきましょう。

地の購入にあたっては、これまで土地探しや土地選びで検討した問題の他にも、権利関係や私道負担状況、代金支払い方法や契約解除時に関する条件等、多くの事項について調査し検討して、条件を決めなければなりません。

しかし、専門家でもない皆さんがこうした事項に対応するのは困難。ここはプロの力を借りましょう。土地を紹介された不動産業者(宅地建物取引主任者資格を持つ不動産取引の専門家)に売買仲介を依頼し、取引条件について調査を委託します。
 
不動産業者は前述したような各項について調査し、買主・売主の意向を聞いて調整した上で、契約前にまず買主である皆さんに書面で重要事項を説明します。

重要事項説明とは、前述のような物件と取引条件に関する重要な情報・条件を書面にして説明すること。その後契約の運びとなりますが、重要事項説明は多岐にわたり全てをその場で把握するのは難しいでしょう。ですから、説明は契約の1週間前ほど前に受け、不明な部分は質問しきちんと理解しておきます。 

こうして重要事項説明が終わり、その内容について売主買主の双方が合意に達したら、いよいよ売買契約です。契約はまず仲介業者立会いのもと、両者で契約内容を読み合わせ、条件を確認するところから始まります。もし内容に関して疑問が生じたらこの段階でも内容を確認し、もし契約に不満があったら項目追加や変更を行って変更してもらいます。こうして納得いくものとなった契約書に、署名捺印して売買契約を締結。現金や預金小切手ですぐに手付金を支払います。