住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【設計図編】図面や見積書が読めますか?

図面とは、施主の要望を受けて設計者が詳細にイメージした住宅を図面の形で表現したもの。また仕様書とは材料や構造、施工方法等をまとめたもの。実際の工事もこの設計図書を元に行われるので、ポイントだけでも理解しておくべきでしょう。ここではさまざまな設計図書を概説します。

宅の設計図面は、視点を変えて描かれた複数の図面で構成されています。「平面図」は、床から1?1.5mの位置で建物を水平に切断し、上から見て図化した図面。建物を真横から見て描くのが「立面図」で、逆に家を垂直方向に切断し内部構造が見えるように描くと「断面図」。断面図に細かい寸法や仕上げ、種類など細かく付したのが「矩形図」(断面詳細図)です。また屋根を真上から見た「屋根伏図」や敷地への建物配置を示す「配置図」、各部屋の内部壁面を中から見た「展開図」、天井の仕上げ方を描く「天井伏図」もあります。 

図面以外では、建物の内双方に渡る各部分の仕上げ方を一覧表にした「仕上表」、使われるさまざまな建具の形やサイズ、材質、数量などを表にまとめた「建具表」があります。また「仕様書」は、建物の構造や建築工事全体に関する説明、材料の品質、数量などをまとめた書類です。

さらにこれらの他に、建物の構造に付いて各部位ごとに詳細に図説した「構造図」(基礎伏図、床伏図、小屋伏図、軸組図など)や、電気設備や給排水、衛生設備について詳説した「設備図」も必要になります。 

これらの図面は、実際に工事を行う時に使われる「実施設計図」と呼ばれる建築図書で、工事が始まる前の契約段階では、もう少しシンプルな内容の「基本設計図」が作成されます。

いずれにしても、建築のプロではない皆さんが、図面や仕様書を見て実際の建物の空間を正しくイメージするのは簡単ではありません。図面を元に作られた建築模型やCGで作る内外観の建築パース、同じくCGで作ったバーチャルハウスを見て回るウォークスルー等が用意されているなら積極的に利用すること。不明の点は設計者に質問して確認しましょう。

※記述内容は2009年当時のデータに基づいています。