住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【設計図編】いざ、契約!

満足できる設計プランに納得のいく金額の見積り書が上がってきたら、いよいよその工務店と工事請負契約を結んで建築工事を開始します。しかし、長い工事期間中にはトラブルが起ることも珍しくありません。いざという時のために、きちんとした契約書を交わしましょう。

務店と施主が結ぶ建築工事契約は、法律的には「請負契約」に相当します。これは当事者の一方(この場合は工務店)が仕事を完成すること(この場合は住宅を完成させること)を約し、もう一方(施主=あなた)が、その仕事の結果に対し報酬を支払う約束をします。建設業法第19条では、その請負契約に関する内容を書面にして、署名または記名押印して両者が取り交わすことを義務付けています。無用のトラブルを回避するためにも、契約書には細かい約款と設計図面、仕様書等を付け、割印などして取り交わし、大切に保管しておかなければなりません。 

工事請負契約を結ぶにあたり、工務店が用意する書類はまず「工事請負契約書」で、ここには工事に関わる重要な内容が記されています。すなわち工事内容、着工時期&完成時期、検査時期、引渡し時期、請負代金の金額、請負代金支払方法、履行延滞違約金等々についてです。

また、同時に用意される「工事請負契約約款」は、工事中に起こり得る各種のトラブルの処理の仕方に関わる詳細を文書化したもので、具体的には工期・請負代金の変更、損害の負担と算出方法。また、天災等による工期の変更、損害の負担とその算出方法。そして瑕疵担保保証、紛争の解決方法等が書かれています。

他に書類としては設計図面類や仕様書、工事代金内訳書等が添付されます。 契約にあたりまず行うべきは、各書類の内容を精査し不明な点の説明を受けること。特に重要なのは、
(1)建物の完成時期 
(2)請負代金の額
(3)代金は何回に分けていくらずつ支払うか?
です。 

もちろん設計図や仕様書の内容を確認して、瑕疵担保期間や瑕疵保証制度、アフターフォロー等も調べておきましょう。また、請負契約を結んだ工務店は施主に対して多くの義務を負います。その中でも、瑕疵担保責任は最も重要なものの1つ。これは建てた家で雨漏り等の欠陥/不具合(瑕疵)が発生した時、瑕疵に対し修理や損害賠償請求、規約解除等を行えるという制度で、売主や工事会社は加入が義務付けられています。

※記述内容は2009年当時のデータに基づいています。