住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【工事現場篇】現場はどんな風に進みますか?(下)

地場工務店が得意とする在来の木造軸組構法では、小屋組みに組み上げた構造材の骨組みが建物としての基本。ここから先は、徐々に家が家らしく形になっていきます。日に日に完成に近づくマイホームを見るのは楽しいもの! おのずと現場に足を運ぶ機会も増えていきます。

組が終わり、上棟式を済ませた現場では、まず一番に「屋根葺き工事」が始まります。先に屋根を葺いてしまえば、その後雨が降っても作業を進められるからです。屋根が出来上がると、すぐに外壁や窓の下地工事が開始。外回りのサッシなど建具の取り付けが終わる頃には、筋交いなどの内部木工事もほとんど終了します。

続いて床や壁、天井などの下地部分の木工事を開始。合せて、その間隙を縫って電機の配線工事屋水道の配管工事などが、途中途中で行われます。スイッチやコンセント等についても、この工事が始まる前に打ち合わせておかなければなりません。 

こうして室内の床や壁、天井等の下地工事が終わると、さらに階段や各部屋のドア枠などを作る内部造作工事へ進みます。これらの工事が終了すれば、大工仕事はほぼ完了。お世話になった大工さんともお別れです。もし、大工さんに頼みたい仕事があれば、この時までに声を掛けておきましょう。

現場を去った大工さんにかわり、仕上げの各職人さんが現場を引き継ぎます。タイル工事、内装工事、内部建具工事、家具工事にカーペットや畳の敷き込み工事。さらに照明や各種設備機器の取付け工事と、それぞれ専門分野のプロたちの活躍が始まります。 建物自体はこの内装仕上工事でほぼ完成します。予算に余裕がない場合、庭など外構工事は後回しになることも少なくありませんが、できればこれも、内部の仕上と並行して工事を進めておいた方が無駄がありません。

——こうして、全ての現場工事が完了すれば、いよいよ竣工。建て主であるあなたが、あなた自身の目で仕上りをチェックする竣工検査(施主検査)を行い、もし何らかの手直しが必要となる個所を発見したら、文書で確認の上、手直しの「駄目工事」を依頼します。そして、手直し後、きちんと直っていることを確認した上で、引渡しの運びとなります。