住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【工事現場篇】工事現場のお付き合い

工事現場の流れの項(「現場はどんな風に進みますか?」)をお読みいただくと、家づくりには、非常に多くの専門家たちが協力していることが分かるでしょう。このプロたちとの信頼関係こそが、良い家づくりのための基盤であり、それは完成後も大きな財産となります。

づくりの工事現場には、入れ替わり立ち替わりさまざまな職人さんが出入りします。構造材で作る骨組みはじめ木工事全般を行う大工さん、屋根や外装工事に関わる鳶さんに板金屋さん、瓦屋さん。内外装の仕上を行う塗装屋さんや左官屋さん。そして、タイル屋さんにサッシ屋さん、建具屋さんに設備屋さん、電気、ガス、水道屋さん……この他にも多くの職人たちが、1軒の家を作るために力を合せます。

こうしたさまざまな分野の職人たちをうまくまとめてチームワーク良く動かし、安全かつ効率的に家づくりを指揮していく現場の最高責任者が「工事監理者」です。 工事現場での施主のコミュニケーションも、この現場の最高責任者を中心に行われます。仮に現場で変更・修正箇所に気付いても、その場で職人に変更や修正を依頼するのは避けなければなりません。変更・修正など工事に関わる依頼やクレームは、まず現場監理者に告げること。行き違いや誤解を避けるためにも、現場との窓口は常に1つにしておきましょう。

——しかし、だからといって、大工さんや職人さんとのコミュニケーションまで遠慮する必要はありません。現場の職人さんたちへの細やかな心遣いが現場の信頼関係を育て、工事の円滑な進行を支えるのです。 

たとえば、ほとんどの工事現場ではお昼休み以外にも午前10時と午後3時の2回、休憩時間が設定されています。短い時間ですが、厳しい集中力を要求される工事現場では、職人が心身の消耗を回復するためなくてはならない休憩です。そして、多くの現場では、この毎日の休憩時間に施主がお茶やお茶菓子を提供することが習慣となっています。もちろん義務ではなく、あくまで気持ちの問題。現場が遠くにある場合など、実際には難しいこともありますが、こうした細かい心遣いが、施主と現場の信頼関係を育てるのです。