住宅会社クイック検索

住宅会社・工務店を都道府県別でクイック検索!


検索

施工事例クイック検索

住宅会社・工務店の施工事例を家のタイプ別でクイック検索!


検索

モバイルdeにっこり

家づくりのための検索サイト にっこり住宅ナビ QRコード

携帯からでも、
にっこり住宅ナビをご利用いただけます!是非どうぞ。

お庭づくりとエクステリア外構の工事業者探し ガーデンプラット

家づくり基礎知識

基礎から学ぶ、知る、考える——新・家づくりガイド

【プラン篇】間取りづくりに挑戦!その2

敷地の形と状況、そして建物の大きさと配置が決まったら、建物内部における住まいの機能の大まかな割付け??すなわちゾーニングを行いましょう。これもまた、住まいの機能の大分類から小分類へ、大づかみなところから徐々に細分化していきます。

宅が持つ機能・性格は、大きく3つに分けられます。まず、リビングやダイニング、キッチンなど、家族全員が集まる空間が「パブリックスペース」。次に寝室や書斎、子ども室など、基本的に個人で使う空間が「プライベートスペース」。さらに玄関や浴室、洗面所、トイレ、廊下、階段、収納、廊下等、生活を支えるベーシックな機能を担うエリアを「機能スペース」と呼びます。

住宅はこの3種のスペースのコンビネーションで構成され、それぞれが最も使いやすく、快適な配置を探すのがゾーニングの目的となります。 実際にゾーニングを進める上でのポイントを幾つかご紹介しましょう。まず、3種のスペース配分ですが、これはそれぞれ1/3ずつが目安。つまり、全体を3等分して等分に分け合うイメージです。そして、この3種のスペースがあまり入り組まないように配置するのがコツです。

もちろん例外はありますが、この3種がそれぞれ独立を保ちながら、しかも同じくらいの距離で結ばれるように配置するのが理想的。これにより家族の動線を短く、シンプルなものにして、より使いやすい・暮しやすい住まいを造り出せます。 

具体的なゾーニングにあたっては、まず敷地環境や周辺状況を考えながら大まかに配置していきます。駐車スペースや玄関は道路位置からある程度決まりますし、共用スペースも日当りを考えればこれも自ずと決まってきます。1階の日当りが悪ければ、共用スペースを2階にすることも検討しましょう。


——このように、2階建てのゾーニングは常に立体で考える必要があります。吹き抜けも1、2階の位置がズレていたら造れませんし、浴室など水回りを2階に造るなら、下にあたる部屋への水音の影響を考慮しなければならないのです。 


チェックリストをダウンロードして活用しよう!

新マイホームのスペース配分